伝わる話をするための基本 | 株式会社ブライトブーケ

スタッフブログ

伝わる話をするための基本

三重県鈴鹿市の伝わる話し方講師 浜田果歩です。

話したことが、相手にしっかりと伝わっていなくて、

「私は、ちゃんと話したのに、何で聞いてくれていなかったの?」

そんな風に思ったことはありませんか?

私たちは、自分の話が伝わらなかったことを、つい聞き手のせいにしてしまいがちです。

ですが、話は、自分が伝えたいことがあるから話すのです。

ですから、話を聞いてくれる人が聞きやすいように、話し手が努力する必要があります。

聞き手が聞きやすい話をするためにしなければならないこと。

それは、「相手目線」で、話をすることです。

自分が聞き手だったら、どのように話してもらうと聞きやすいか。

そのことを意識して話します。

例えば、小さい声でモゴモゴ話していたら、どうですか?

「はっきりと大きな声で話して欲しい!と思いますよね。

自分の知らない言葉で話されたら、

「もっとわかりやすい言葉で話して!」と、思います。

ダラダラと、まとまりのない話だったら、

「要点をまとめてから話してよね!」そのように思うでしょう。

私たちは、何かをする時には、自分目線での言動になりがちです。

ですが、今の自分と相手の立場が逆転することは、しょっちゅう起こります。

今日は、自分がお客様だけれど、明日になれば仕事で接客をする。

今日は、患者として病院に行くけれど、明日は、病院で看護の仕事をする。

今は、取引先から注意を受けているけれど、会社では、部下に注意をする立場になる。

今は、自分が話を聞いてもらっているけれど、次は、自分が聞き手になる。

社会は、この繰り返しです。

子どもを誉めたり叱ったりしている大人も、子ども時代に大人から誉めてもらったり、叱られたりしてきました。

私たちは、意識さえすれば、いつでも、相手目線になる ということができるのです。

相手目線になれば、自分が気を付けなければならないことが、自ずとわかります。

話し方も、もちろんそうです。

自分が聞き手になった時に、聞きやすい話し方とは、どんな話し方なのか。

話す技術ばかりを身につけても、根本的な「相手目線になる」という気持ちがなければ、

聞き手が、受け取とりやすい話には、ならないのです。

話す技術は、勉強すれば身につけられます。

しかし、相手の立場に立つという気持ちは、日頃から意識していないと、ついつい自分本位の話し方になってしまいます。

言葉は、あなた自身を表すものです。

あなたの独りよがりな言葉や話し方は、ともすれば、あなたの評価を落としてしまうこともあります。

自分では気付かないうちに、そんな残念なことにならないよう、

常に、相手目線で周りを見られる余裕のある素敵な大人でいたいですね。

「相手目線」で話す時のポイントは、「話し方ベーシックコース」「1DAY伝わる話し方レッスン」「土日短期集中コース」で

しっかりとお伝えしています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ・ご相談はこちら TEL059-386-7338 受付時間10:00-18:00

講師紹介 浜田果歩 株式会社ブライトブーケ代表取締役/鈴鹿コミュニケーションスクール

電子書籍「あなたの話を最も効果的に届けるための6つのポイント」無料プレゼント

最近のブログ記事

  1. ホスピタリティトレーニング研修

PAGE TOP