小学校でのコミュニケーション力を育む講演会 | 三重県・愛知県名古屋市の話し方教室・マナー研修

スタッフブログ

小学校でのコミュニケーション力を育む講演会

話し方で人生を変える!!

魅せ方話し方講師 浜田果歩です。

先週、小学校の教育懇談会で、講演をさせていただきました。

テーマは、担当の先生からのご要望で、私の拙著

「人間関係で困らない子どもを育てたい大人のためのキラキラ☆コミュニケーション術」

私の本を読んでくださった先生が、「ぜひ、この内容で話してください!」

と、仰ってくださり、とても嬉しく、喜んで引き受けしました。

 

子どものコミュニケーション力をつけるには、

何と言っても、周りの大人が良いコミュニケーションの働きかけをすることが最も大切です。

 

家庭で、学校で、素晴らしい働きかけをしていれば、

自然と子供たちのコミュニケーション力は、磨かれるのです。

 

西国33番札所巡りで行った、32番札所、滋賀県の観音正寺の参道で見つけた先人の名句にも、

「子供は両親の言う通り行動しないで、する通りのことをする」

という句がありました。

 

子どもたちは、親や周りの大人がしていることを見て覚えて、するのです。

言葉で「挨拶しなさい!」と言いきかすより、

周りの大人がいつもきちんと挨拶をすれば、同じことをするようになるのです。

 

たとえば、思春期になると、急に家庭の中で挨拶をしなくなったりする場合がありますが、

それでも、幼い時から習慣になっている場合は、家の外では、家族以外の人にちゃんと挨拶ができます。

 

そのためにも、まずは、親御さんや先生が周りの方にどんなコミュニケーションをとっているのか、自分自身を振り返ってもらうこと。

そして、出来ていないと思うところを日々、気を付けることによって、良いコミュニケーションの働きかけができることをお伝えしました。

もちろん、より良いコミュニケーションをとる方法を、実践を交えながら話しました。

コミュニケーション力は、聞く力と話す力です。

まずは、誰からも受け入れてもらえるような人になること。

嫌いな人、苦手な人には、誰も近づかないですからね。

そのために、気持ちの良い挨拶ができることは、基本中の基本です。

そして、相手の気持ちを汲みながら話を聞き、

自分の考えをきちんと伝えられること。

 

これらコミュニケーションの基礎を、自らの言動によって、

大人は子どもたちに教えていかなければなりません。

 

私自身も、子育ては、失敗したなと思うことだらけです。

そんな自分の反省も込めて、

今から子育てされる方、

子育て中の方、

また、子どもたちと関わることの多い方には、

今すぐ、ご自分の挨拶、子どもとの会話を見直していただきたいと思います。

 

詳しい方法は、私の拙著

「人間関係に困らない子どもを育てたい大人のためのキラキラ☆コミュニケーション術」をお読みくださいね。

Amazonで販売中です。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お問い合わせ・ご相談はこちら TEL059-386-7338 受付時間10:00-18:00

講師紹介 浜田果歩 株式会社ブライトブーケ代表取締役/鈴鹿コミュニケーションスクール

電子書籍「あなたの話を最も効果的に届けるための6つのポイント」無料プレゼント

話し方講師 浜田果歩のYouTubeチャンネル

メールマガジン登録無料 「また会いたい人」になる!!魅せ方話し方

最近のブログ記事

PAGE TOP