お客様へのご案内文「健康に気を付けて」 | 三重県・愛知県名古屋市の話し方教室・マナー研修

ブログ

お客様へのご案内文「健康に気を付けて」

話し方で人生を変える!!

魅せ方話し方講師 浜田 果歩です。

知人からお客様への案内文の添削を頼まれました。
文末に「皆様も健康でおられることをお祈り申し上げます」と、ありました。
とても丁寧に気遣って書かれたようですが、ちょっと違和感が。
「おられる」には、賛否あって、
「おる」は、「いる」の謙譲語なので、相手には使えない。
それに、尊敬の助動詞「られる」をつけるのは間違いと、いわれます。
ただ、関西では、「いる」を「おる」
と言うので、そのまま敬語にすると「おられる」になります。
紛らわしい場合は、使わない方が良いですし、「健康でおられる」は、一般的ではないですね。
ここは、通常の目上の方の体調を気遣う言葉、
「どうぞくれぐれもご自愛くださいませ」
で、良いですね。
ご自愛は、体調に気をつけるという意味ですから、「お身体」は、つけません。
また、ご自愛は、書き言葉ですから、話す時には
「体調には、くれぐれもお気をつけになって下さいませ」
と、言いましょう。
どうぞ皆さまくれぐれもご自愛くださいね。
4月スタートの話し方レッスンは下記からご覧下さいね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お問い合わせ・ご相談はこちら TEL059-386-7338 受付時間10:00-18:00

講師紹介 浜田果歩 株式会社ブライトブーケ代表取締役/鈴鹿コミュニケーションスクール

電子書籍「あなたの話を最も効果的に届けるための6つのポイント」無料プレゼント

話し方講師 浜田果歩のYouTubeチャンネル

メールマガジン登録無料 「また会いたい人」になる!!魅せ方話し方

最近のブログ記事

  1. 教師・講師・幼稚園教諭・保育士の方

PAGE TOP